エージェント・作品紹介10 | A文学会

トップページ > エージェント・作品紹介10

エージェント・作品紹介10

 【企画要項】
  出版社、編集者の方へ
  ―当会プロデューサーが紹介可能な作品― 
  著者名  天音 海音 さん (男性)

タイトル 『精神科ってこんなトコ 
     -通院、入院から入院、予後まで-
ジャンル ノンフィクション(400字詰め原稿用紙186枚)

前のページへ  ||10|    

作者プロフィール

高校卒業後20年間デパートの精肉店に20年間精肉調理で勤務
2012年に管理職になるも出世うつによりドクターストップ
1年6ヶ月の休職を経て退職現在に至る。
未だにメンタルクリミックに通院
今でも少なくない薬を服薬している。

梗概書

はじめに
第一章
私がうつ病になるまで
第二章
精神科へ
第三章
精神病ってなんだろう
第四章
降格願い
第五章
ど素人のお薬講座
第六章
精神疾患と睡眠
第七章
ど素人の睡眠薬講座
第八章
ど素人の向精神薬、抗精神病薬講座
第九章
休職
第十章
希死念慮との闘い
第十一章
自傷行為と自殺企図
第十二章
精神科入院
第十三章
精神科滞在記①自分ってこんなヤツ ②時間の流れ ③時間の流れ(一日)④入院患者の健康管理
⑤ 病院に居る人々 ⑥決まり事⑦お金の事色々 ⑧事件です!⑨看護師の卵 ⑩仲良し?
第十四章
そして退院
第十五章
うつ病の億劫さ「自分は怠けてるの?」
第十六章
うつの世界 
第十七章
死について考える
第十八章
トラウマ
第十九章
メンヘラーの恋愛そして結婚
第二十章
妊活と減薬
第二十一章
国の制度
第二十二章
毎日の過ごし方
第二十三章
うつでもなんとか稼ぎたくて
第二十四章
精神疾患患者への運転免許の制限
とある日の日記
①~⑨
物思いにふける
①~②
精神科ってこんなトコ
あとがき

企画の意図

 自分が、家族が、恋人が、友達が、家族が精神疾患になったら…精神科へ行くわけですがその精神科のことを経験した限り書いた本になります。
自分がうつ病という病気になり精神科入院を経てこの経験を活かし同じような状況の皆様と共感できればと思い筆を取りました。、
また同じような病気でよくわからないから怖い、偏見を持っている方で精神科へ行くのをためらっている人の背中を少しでも押せればと思いました。
率直に自分の半生を知ってもらいたいと思いました。 

読者ターゲット

 同じような病気を抱えた方、軽検者、精神科へ行くのをためらっている方、家族、恋人、友達が精神疾患かも知れない方

A文学会から一言

  厚生労働省の調査によると、うつ病で受診した患者数は平成26年段階で112万人だという。「意外に少ない」と思われるかもしれないが、一方でうつ病患者の4分の3は受診そのものをしないという情報もある。広がりが把握できないのが、この病の不気味さだ。

 目に見えない病気ということもあり、その苦しさは「罹った当人にしかわからない」と言われている。本作は、その苦しみを「罹っていない人にも想像できる」ように、リアルとノウハウにポイントをしぼって記した作品だ。

 「そこまで書いていいのか」と心配になる率直さ、なにより「うつ病になって働けなくなっても家族に養われずに生きていく方法」の具体性には唸らされる。「かつてに比べて弱肉強食になった日本でも、まだこんな制度が機能しているんだな」と奇妙な感嘆を覚えたほどだ。
 だからこそ、「罹った当人にしかわからない」病の苦しみに触れた箇所は強く印象に残る。とくに、希死念慮を説明したくだりの説得力は見事。個人の性格の問題などではなく、病気の症状の問題なのだとはっきりわかる。個別の症状としては、「ふとんに入ると、眠らなくてはというプレッシャーからよけいに不眠になる。だから、いつもソファやクッションなどで寝る」というくだりに目を開かされた。

日記形式で、些事も重大な岐路も区別せず淡々と記した作品。だからこそ、うつ病と健常の境界が限りなく曖昧なのだとよくわかる。病に備えた対策の一冊にもなる作品だ。

 

ご紹介可能な有効期限

2019年7月31日

より詳細な情報をご希望の方は、下記メールまでお問い合わせください。

info@abungakukai.com    A文学会( 国内企画担当 )
〒105-0013 東京都港区浜松町2-2-15-2F
TEL 050-3414-4568(IP電話・FAX)

≪前のページへ  ||10|  

 

リンク

エージェントインタビュー
講談社BOOK倶楽部